2012年04月02日

白河関の森公園のカタクリ|自然観察指導員日誌

こんにちは。ホテルサンルート白河 自然観察指導員の有我です。

今週末 4月7日(土)、4月8日(日)は毎年恒例関の森公園カタクリ祭り。しかし今年の春は急に寒くなる日も多く、カタクリも開花が間に合わないのでは?心配になったので調査に行ってきました。

20120402sekinomori1.jpg
白河関の森公園

白河関の森公園の地図

大きな地図で見る

歴史の授業でも有名な「白河の関」は、古来は蝦夷の南下を防ぐための防衛施設でした。
今でも当時の土塁の跡が残り、シーズンにはその斜面いっぱいにカタクリの花が咲きます。

20120402sekinomori2.jpg

20120402katakuri1.jpg
落ち葉の下から顔を出しているのは全てカタクリ、なのですが……。

やはりまだ見ごろには早かったようです。ほとんどがつぼみの状態でした。

20120402katakuri2.jpg
つぼみ状態のカタクリ。

これは今日は咲いているカタクリは見られないかなぁと思いながら、遊歩道をぐるりと廻っていると、一番日当たりのいい斜面で一輪だけ、咲いているカタクリを見つけました!

20120402katakuri3.jpg
カタクリ。薄紫色の可憐な花です。

一輪だけでも咲いているカタクリがあるということは、このまま暖かい陽気が続けば、ちょうど今週末の祭りのころには見ごろになるかも知れませんね!
ちなみに、シーズンになるとこのような光景が関の森公園のいたるところで見られます。

20120402katakuri4.jpg
白河の関跡で撮影したカタクリの花畑(2010年)。

昔はこのカタクリの地下茎からデンプンをとり、それを文字通りの「かたくり粉」として利用していましたが、抽出できる量が少ないため、今ではもっぱらジャガイモなどからとったデンプンが使われているそうです。その他にも、カタクリには色々面白い習性や特徴があるのですが……それは別の機会にでも。(笑)

ちなみに、白河の関ではカタクリの時期に「キクザキイチゲ」というかわいい花も咲きます。

20120402azumaichige1.jpg
キクザキイチゲの花。こちらは数輪咲いているのを確認できました。

薄紫色のカタクリと、純白のキクザキイチゲが交わり咲く様はなかなか見ごたえがありますよ。
ぜひ一度、現地でご覧下さい!


posted by サンルート白河 at 15:26| 福島 ☁| 観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。